不動産広告の「駅徒歩10分」は嘘?実際は何メートルなのか!?

駅から徒歩 部屋探しテクニック
スポンサードリンク

不動産広告の「○○駅徒歩△分」の距離はどれくらいか?

賃貸物件のポータルサイトや物件の図面に記載してある最寄駅からの徒歩分数は、「1分=80m」と決められています。

これは、不動産業界の暗黙の了解という間違った見解がありますが、そんなことはありません。不動産公正取引協議会が定めた「不動産の表示に関する公正競争規約施行規則」によるものです。

 

所要時間検索|駅までの所要時間から物件を検索|賃貸や不動産・住宅情報検索サイト【ホームアドパーク】
目的の駅への所要時間で物件を検索!不動産 賃貸住宅情報「ホームアドパーク」です。

 

直線距離 or 道のり?

距離といえども、最寄駅から物件までの直線距離ではなく、道のりです。

ただし、あくまでも、駅から物件までの最短の道のりとなります。

ちなみに、道のりとは、道路に沿った距離です。

 

分数は切り上げされる

駅徒歩表示の分数は、切り上げされます。

例えば、最寄駅徒歩10分の場合の距離は、「720mを超え、800m以下」となります。720mは徒歩9分となり、801mは徒歩11分と表示されることになります。

実際はここまで厳密に、真面目にやっている不動産会社はありませんが(汗)、押さえるポイントは同じ徒歩分数でも開きがあるということです。

 

スタートとゴールはどこからどこまで

小規模な物件であれば特に問題はないですが、敷地の広いマンションの場合、スタート地点をどこにするかで、1分くらい余裕で変わってきます。

規定では、エントランスではなく、敷地のうち最寄駅に最も近い地点からスタートとしています。一方で、最寄駅のゴール地点は、駅の敷地ではなく、改札がある地点としています。

しかし、この改札までというのは、不動産会社の社員が知らないことが多く、駅の敷地まで説いているケースが多いのが、実際のところです。首都圏のターミナル駅では、分数がかなり変わります。

都内の新宿駅、東京駅、渋谷駅、上野駅などは徒歩圏内に超高額の家賃の物件ばかりなので、気にする人は少ないですが…。

池袋駅、横浜駅、大宮駅などは広い敷地の駅ですが、徒歩圏内に普通の人でもそこそこ住める物件(1Kタイプで6万円~)があるので、注意しましょう。

 

80m=1分の基準とは?

そもそも、80m=1分なのでしょうか?

これをわかりやすく時速に直してみます。

1分で80m、1時間は60分なので、80×60=4800mとなり、時速4.8キロということです。なんだか、わかったような、わからないようなたとえになってしまいました(汗)。

横浜市スポーツ医科学センターHPによると、

25-29歳(男性)…85.2m/分

25-29歳(女性)…74.2m/分

となっています。

コラム(健康・体力アップ情報)- 横浜市スポーツ医科学センター

 

一般の人が、通常歩くスピードの平均として80mを1分としているようです。(但し、「不動産の表示に関する公正競争規約施行規則」がこのデータを使用したのではなく、このページの事例として参考としています)

 

まとめ

不動産広告の最寄駅までの「徒歩分数」表示は、あくまでも目安として考えましょう。

引越した後のよくある「意外と遠いな!」は、距離が離れると誤差が大きくなります。不動産屋が適当に測っているのが実際のところです。

物件選びの段階で、いくつか候補が絞れたら、物件の所在地から最寄駅までグーグルマップで、自分で測ってみましょう。

更に余裕があれば、実際に歩いて確認するとより確実ですね。

「こんなはずじゃなかった!」と後悔することなく、ハッピーな新生活をスタートできます。

 

ご参考にどうぞ!

 

 

Facebookページ
この記事が気に入ったら、「いいね!」してね♪
最新情報をお届けします。
部屋探しテクニック
シェアする
編集長をフォローする
おいしい賃貸物件の探し方教本
タイトルとURLをコピーしました