イエプラのメリット・デメリット、口コミ・評判を徹底解説!

スマホでチャットする 賃貸サイト
スポンサードリンク

イエプラは来店不要で、しかも深夜24時まで部屋探しの相談ができます。この「チャット不動産」スタイルで、賃貸の部屋探しをするのに「便利だぁ!」と人気がどんどん高まっています。

その証拠に、追随する類似のサービスがいくつかの会社から続々と出ております。しかし、まだ、他社のサービスはイエプラには追いついていないようです。詳しく説明します。

それではイエプラ、チャット不動産の老舗の本サービスを徹底解説いたします。


メリット・デメリット

メリット

店舗に行かなくてよい

イエプラの最大のメリットは、「来店不要」、つまり、部屋探しの相談を不動産屋の店舗に行かなくていいということです。店舗に行く必要が無いので、交通費も、時間も無駄になりません。

希望の家賃の予算、間取り、設備などの条件や、わからいことの相談をイエプラの専用チャットアプリで、スタッフの人とやり取りできます。

営業時間は深夜までOK

営業時間(=チャットで相談できる時間)は、なんと24:00迄です!

驚異的ですよね♪

これなら、仕事で忙しいサラリーマンの人でも帰りの電車の中でも部屋探しができちゃいます。シングルマザーのお母さんでも、お子さんを寝かしつけた後に部屋探しが、できちゃいます。

 

おとり物件が無い

イエプラでチャットで希望を伝えて、それに適した物件を提案してくれる仕組みなので、「おとり物件」がありません

賃貸ポータルサイトにはおとり物件(不動産会社の故意過失にかかわらず、成約済みの物件を掲載している状態)がかなりの割合であります。

賃貸ポータルサイトは、不動産会社によっても異なりますが、1店舗につき数百件から千数百件の物件を常時掲載しています。そのため物件の成約状況のメンテナンスが間にあっていません。これがおとり物件になってしまうのです。

せっかく「この物件、いいじゃん!」と思って、不動産会社に行っても「もう終了してます…」だったら、がっかりです。それこそ、時間と交通費の無駄になってしまいます。

意図的におとり物件(成約済み物件)を掲載している不動産会社は『店舗に来てもらうことが目的』なのに対し、イエプラは、チャットをした時点で、来店してもらっているのと同じですから、「おとり物件」を出す意味が無いのです。

だから、おとり物件が無いのです。

ポータルサイトでは探せない物件も相談可能

イエプラは賃貸ポータルサイトでは探せない条件でも、ズバッとお願いできます

探せない条件とはニッチ過ぎて、ポータルサイトの検索項目にはない条件のことで、具体的には下記のような条件です。

ニッチな条件の物件はポータルサイトでは探しにくく、これがイエプラだと条件をダイレクトにリクエストできるので探しやすいのです。

しかし、必ず見つかるということではありません。予めご了承ください。

事故物件の探し方
事故物件の探し方を教えます 「事故物件なら家賃が安い!」という理由で、あえて、そのようなお部屋を探したいあなたの為に、具体的な方法をポイントを絞って詳しく解説します。 ところで、「事故物件」とは、不幸にもその住人が孤独死をしたり、自...

対面が苦手な人も助かるチャット方式

イエプラは別名「チャット不動産」だけあって、営業マンと対面で話をしなくていい気楽さがあります。

一般的には、不動産会社に行くと、口のうまい営業マンに乗せられて、最初の希望とどんどん違う物件を進められたりします。気が付くと、「あっ、なんか違う…」と、時すでに遅しということも多々あります。

対面ですとやっぱり営業マンはプロですから、条件に当てはまらないと、どんどん妥協させるトークで押してきます!

チャットだと、相手の顔が見えませんから、自分の主張もしやすく、対面が苦手な人も安心なのです。

(自分の条件があまりにも現実離れしていたら、妥協はしなくてはいけませんが…。)

 

物件の見学が楽ちん!

物件見学は、物件の前で待ち合わせでOKです。

仕事を早めに切り上げてぱっと見に行くこともできますね。

さっと、見に行って、いい部屋で気に入ったら申し込みの手続きをすればいのです。

そして、現地待ち合わせ式の最大のメリットの一つは、物件を見てイメージと違った場合や少し考えたいときに、その場でサクッと解散できるのがなんといっても、気軽なのです。

営業マンに店舗に連れ戻されて、説得のトークを延々と聞かされることが無いんです!

 

>>イエプラ公式サイト

 

電話で自分の時間を邪魔されない

チャットの最大のメリットです。チャットなら、電話がかかってくるわけではないので、自分の時間を遮られることがありません。

普通の不動産会社の追客

一発でいい物件が見つからないケースでは、後日、いわゆる「追客電話(ついきゃくでんわ)」が頻繁にかかってきます。

間違って電話に出ようものなら…、

○○さんですか?

今、お時間少し大丈夫ですか!?

実は、今日、いい物件が出たんですよ!

見に来ませんか!?

いい物件なんで、早く見たほうがいいと思うんですよねぇ~♪

大家さんに条件交渉も、がんばりますよぉ~!

と、矢継ぎ早にまくしたてられます。

 

イエプラの追客

しかし、チャットなら、自分の時間が余裕があるときに見ればいいですよね。ほとんどのケースで、物件資料を添付してくれて紹介してくれますから、じっくりそれをみればいいのです。

わからないことがあれば、質問します。

いまいちだな…。と思えば、

ちょっと、検討します…。

と、送信すれば、いまいちなんだなと察してくれるでしょう。

 

デメリット

対応エリアが限定的

イエプラの最大のデメリットは部屋を探せるエリアが限定的ということです。

対応エリアは、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府のそれぞれ一部を除いた地域となります。

>>イエプラの対応エリア詳細情報

 

見学時の足が無い

イエプラでの物件見学は現地待ち合わせが基本です。気軽な反面、現地まで行く足が無い人にとっては「現地待ち合わせ」が、デメリットとなってしまいます。

都内では駅から歩ける物件がほとんどで、それほど困ることは少ないかもしれませんが、埼玉県、神奈川県、千葉県では駅からバス便の物件もたくさんありますので、希望エリアによっては少し大変かもしれません。

 

夜の時間は待ち時間がある

イエプラは便利なサービスが故に、夜の時間は待ち時間が多くなる傾向にあります。部屋探しの相談が集中することが原因です。

「待ってるなんてできない!」という人にとってはデメリットでしかありませんね(^_^;)。

しかし、行列ができるということは、多くの人が支持しているということなので、我慢して空くのを待ちましょう。(予約サービスはありません)

 

使い方

イエプラの使い方を説明します。

といっても、公式サイトを見ていただければそれは、よくわかります。^^;

ここでは、公式サイトに書いていないことをピックアップして、解説します。

SNSアカウントで会員登録!?

イエプラを利用するには会員登録が必要です。会員登録の方法は、メールアドレスとパスワードを入力する必要がありますが、そのほかに「SNSアカウントで登録」する方法もあります。

いわゆるソーシャルアログイン機能というものです。イエプラでは下記アカウントで登録が可能です。

  • Yahoo!ID
  • Facebook
  • Twitter
  • Google

これらは、利用しているアカウントがあればどれでもいいのですが、いちいちメールアドレスとパスワードを打ち込まなくてOKでとても便利な機能なのです。

しかし、特にFacebookやTwitterアカウントは、「認証許可」を求められるので、その表示が出るとちょっと引く人が多いのです。

  • 書き込みをみられてしまうのではないか!?
  • 勝手に書きこまれてしまうのではないか!?
  • 写真を抜かれてしまうのではないか!?
  • etc.

このような不安を持つ方が多いのですが、そんな心配はありませんので、ご安心を。ワンタッチで課員登録が完了する上に、次回のログインする時も自動なので、ソーシャルログイン機能の方が便利何ですよ♪

>>イエプラの登録画面

 

ウェブとアプリはどちらがおすすめ?

イエプラはウェブ版とアプリ版(iOSとアンドロイド)があります。

会員登録すれば同じIDでどちらも利用できます。おすすめは、やはり、アプリの方です。

デスクトップのパソコンではウェブ版でチャットすることになりますが、スマホにアプリをダウンロードしておけば、ネット回線がつながっていれば、どこでも、イエプラのお部屋探しコンシェルジュとつながれます。

ですから、是非、ウェブ版で会員登録をしたら、イエプラアプリをダウンロードしておくことをおすすめします。

イエプラに払う仲介手数料

イエプラの仲介手数料は賃料の1ヵ月分(+税)です。

仲介手数料の安さをアピールしたサイトや不動産会社が昨今、目立ちますが、仲介手数料の安さは部屋探しの本質ではなく、最大の目的は手間なく効率的に気持ちよく自分の希望条件の部屋に住むことです。

但し、引越しにかかる費用は安い方にこしたことはありません。

その点については、イエプラのスタッフの人が家賃の値下げ、入居日の先延ばし、フリーレント、礼金ゼロ化等の条件を交渉してくれます。(絶対保証ではありませんが…)

上手く交渉してもらうことができれば、仲介手数料を支払っても十分元が取れます。

例:
☞家賃50,000円 仲介手数料50%の不動産屋⇒25,000円の得
☞イエプラで、家賃-2,000円の交渉してもらった場合⇒2,000円×24か月(2年契約)=48,000円も得!
イエプラ キャンペーン情報】⇒内見でアマゾンギフト1000円分

口コミ・評判

ツイッターでリアルな口コミ・評判を拾ってみました。

いい評判も、悪い評判もあり感じ方は、それぞれです。あくまでも参考程度にお考えください。

店頭に来たら同じ条件だとどれぐらい物件があるのか聞いたら、「どれくらいあるかもお部屋の条件等で異なってまいりますので、一概にはお答えが出来かねてしまいます。」条件伝えただろ。頭悪すぎ #イエプラ

家探しに3社チャットでやり取りできるサービス利用したけど、まだまだ発展途上って感じやなぁ。でも遠方から家を探しに行く立場&事前の下調べ大好きな僕にとっては結構マッチしたサービス。 #イエプラ#ietty#住まいコンシェルジュ

イエプラ評判①

 

注意点

「おとり物件が無い」との表現ですが、誤解を招くといけないので補足いたします。

『おとり物件が無いって言ったのに、もう決まった?どういうこと???』となるケースがあります。

おとり物件ではないのですが、そういった誤解を受けやすいケースの詳細を解説します。

 

22時台にチャットして紹介された物件だが…。それ以前に紹介されていた別のお客さんが、管理会社に申し込み書をおくっていた。イエプラとしては、そこまではリアルタイムで把握できない。
これは、過失ではない。
一応、「○○時点では、フリーです」とかいってもらえると親切ではあるが、「あります!」と言い切っていない限りは過失ではない。(=おとり物件ではない)
チャットで紹介され、なかなか良さそうだと、実際に物件見学を次の休みの日にすることにした。しかし、見学の当日に「他から申し込みが入ってしまった」との連絡があり。見学が中止になった。
見学のアポイントは物件を抑えているわけではないので、その間に他から申し込みが入る可能性は十分あり、それを「おとり物件」とは言わない。賃貸業界では、良い物件は動きが速い。
よく、「申し込まないと決まっちゃいますよ」という営業マンがいるが、あながちウソではない。しかし、しょぼい営業マンはよく使うので、あなたの「人の見極め力」にかかっている。

運営会社

イエプラの運営会社のご紹介です。

会社概要

会社名 株式会社エヌリンクス
設立 2010年3月
従業者員数 700名(正社員300名)
代表者名 栗林憲介
住所 東京都豊島区南池袋1-19-4幸伸ビル5F

会社は池袋にあります。

基本的にはここに部屋探し行くのではありません。チャットでのやり取りがむしろ苦手という人には店頭でのお部屋探しの提案をしてくれます。

来店される場合は、個別にお申込みください。(但し、東京の部屋探し。他エリアは相談)

 

メディア掲載実績

株式会社エヌリンクスは賃貸不動産の部屋探しの方法を画期的に効率的にしている会社なので、いくつかのメディアにも登場してます。

  • Yahoo!ニュース掲載
  • めざましテレビ「ココ調」3回出演
  • 朝日新聞社「へぇな会社」
  • 週刊住宅誌
  • 4年連続ベストベンチャー表彰

 

エヌリンクス運営のお役立ちブログ

イエプラを運営しているエヌリンクスでは、お部屋探しをするのに役立つ情報を発信しているメディアブログも運営しています。

これを読めば、部屋探しのコツや知識が深まります!また、生活者目線の街情報も充実しているので、そこに住んだイメージも想像しやすいので、是非、見ておくことをおすすめします。

Rooch(ルーチ)|お部屋探し初心者向けのコツや知識まとめ
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

 

物件探しの常識を覆すお部屋探されサイト。待ち時間なし。



Facebookページ
この記事が気に入ったら、「いいね!」してね♪
最新情報をお届けします。
賃貸サイト
シェアする
編集長をフォローする
おいしい賃貸物件の探し方教本
タイトルとURLをコピーしました