賃貸物件の即入居って、最短でいつから住める?

即入居物件 部屋探しテクニック
スポンサードリンク

最速でいつから入居できるか?

賃貸サイトに『建物状況』に欄に「即入居」とありますが、最速でいつから実際に入居できるのでしょうか?

理論上は、不動産会社に行って、物件を見せてもらったその日に可能です。

即日入居の条件

但し、その日に入居するためには、下記のような条件を満たす必要があります。

  1. 入居審査がOK
  2. 宅建業法で定められた、重要事項説明をうけ
  3. 賃貸借契約書を締結する
  4. 契約金の支払いをする

上記の手続きが必要なので、不動産会社が大家さんとの媒介契約を結んでいる物件では、現実問題としては、当日入居はもちろん、翌日入居も難しいです。

しかし、すんなりと契約から引き渡しまでできる物件があります。

それは、いわゆる「サブリース物件」というものです。

サブリース物件とは?

サブリース物件とは、大家さんから、不動産会社が建物を一括して借りて、それを一般の人に転貸している物件のことをいいます。

大家さんの立場からは、不動産会社に一括して貸しているので、空室があっても安定して一定の家賃が入ってくる仕組みの物件です。

このサブリース物件は、不動産会社が、貸主、又は、貸主代理となっているので、大家さんの承諾や契約書の捺印をもらいに行く手間暇がすべてショートカットでき、自社で完結できるので、入居までのスピードが速いというわけです。

サブリース物件の探し方

どこの賃貸ポータルサイトでも、「サブリース物件」という検索項目はありません。物件概要には必須項目として「取引態様」の項目がありますが、本来ならここに「貸主」、又は「代理」とあれば、その物件がサブリース物件である可能性が極めて高いのですが…。

今の賃貸ポータルサイトのその欄にはほとんどが「媒介」となっています。その理由は、不動産会社間の大人の事情があるので、ここではその説明を割愛させていただきます。

どのサイトでも「媒介」と表示…。

ということなので、この後、サブリース物件が多い不動産会社をまとめましたので、参考にしてください。

サブリース物件の取り扱いが多い会社まとめ

以下がサブリース物件が多い不動産会社(賃貸サイト)です。

 

会社名(サイト名) 特徴 参照リンク(外部)
エイブル 賃貸業界の老舗 サブリース物件多数 不動産賃貸を探すなら、お部屋探しのエイブル
レオパレス21 家具家電付きのマンスリー物件も多数あり レオパレス21 物件一覧
ハウスメイト ハウスメーカー施工の優良アパートのサブリース物件多数 ハウスメイト 物件一覧
アパマンショップ 賃貸仲介店舗数№1 サブリース物件と通常物件が混在 アパマンショップ 物件一覧
リブマックス マンスリー物件中心。芸能人のCMで知名度アップ中! リブマックス 物件一覧
積和不動産グループ 積水ハウス系列のサブリース会社。 積和不動産 物件一覧
木下の賃貸 木下工務店で建築のアパートをサブリース (株)木下の賃貸 物件一覧
ホームメイト 東建コーポレーション建築の賃貸物件をサブリース ホームメイト 物件一覧
ミニミニ グループ会社のミニテックによるサブリース物件多数。家具家電付き物件もあり ミニミニ 物件一覧

サブリース物件が多いということで、そうではない物件も含まれますので、あしからずご了承ください。

 

当日・翌日入居は怪しまれる?

めぼしい物件を見つけ、それから、理屈上は、当日や翌日には入居できるとしても、不動産会社(管理会社)にそんな希望をいうと、「怪しい!」と思われ、入居審査に落ちてしまうケースがあります。

それを回避するためには、正当な事情を営業の担当者に話しましょう。

例えば…

  • 地方在住の学生さんで、部屋探しのための時間や交通費がかけられないケース
  • 決まっていた物件が、不動産会社の手違いでダブルブッキング!引越しに来たら、もう誰か住んでいた!
  • 海外からの転勤でホテルが取れない!帰国当日に部屋を決めたい&住みたい!
  • etc.

即日に入居しなければならないとは、それなりの理由なので、しっかり事情を説明すれば怪しまれることはありません。

 

現実的な「即入居」物件への「入居可能日」

では、一般的には入居できるまでにどれくらいの期間が必要でしょうか?

一般的には、最短で、一週間から、だいたい1カ月です。

今住んでいるところも賃貸物件の場合、そこの部屋の解約連絡を一か月前にする必要がありますので、次の部屋が決まって、すぐに家賃が発生すると家賃を二重に支払い経済的な負担が大きくなってしまいます。

家賃の二重払いのバランスも兼ねて、早く入りたければその分の負担は仕方ないと割り切ることが必要です。

そして、前項で説明したサブリース物件でも、入居審査が厳しいと在職確認であったり、所得証明を提出する必要があったりすると、時間がかかるケースもあります。

ただ、可能性としては一般的な物件よりもサブリース物件の方が圧倒的に早く入居ができるのは事実です。

 

「即入居」の意味

そもそも「即入居」と記載しているのは、「今日、明日に入居したい!」という人に向けての表示ではないんです^^;。

実際は、「空き予定(退去予定)」、「リフォーム中」に対して、「即入居」つまり、「もう、すでにその部屋は退去していて、その後の清掃やリフォームもしてあり、次の方が入居する準備ができてますよ!」位の意味なのです。

 

まとめ

今日、明日、そして、数日中には引越ししたいという「即入居」できる物件を探すのであれば、サブリース物件を狙うべし!

そして、それはサブリース物件が多く掲載されている所から要領よくピックアップしよう!

 

 

 

 

 

 

Facebookページ
この記事が気に入ったら、「いいね!」してね♪
最新情報をお届けします。
部屋探しテクニック
シェアする
編集長をフォローする
おいしい賃貸物件の探し方教本
タイトルとURLをコピーしました