デザイナーズマンションは住みにくいって本当?

デザイナーズマンションは住みにくい? 部屋探しテクニック
スポンサードリンク

デザイナーズマンションはスタイリッシュで格好いいですよね。しかし、デザインを重視するあまり、実際住んでみると、実用的ではない部分が多くあり、「デザイナーズマンションなんて、住みにくい!」と思う人がほとんどです。

どんなところが、住みにくいのでしょうか?

 

収納が無い

 

デザイナーズマンション 収納が無い

デザイナーズマンションは収納が無くても家賃は高いです。

デザイナーズマンションは、なんといっても空間美がポイントです。すっきりした、面と面の構成する居住空間に生活感は必要ありません。

賃貸生活が荷物いっぱいの人は向きません。

ミニマニストの人以外は住むべきではありません。

デザイナー物件は、一般の賃貸物件と立地条件等がどんなに似通っていても、家賃を比較するとプレミアムな家賃です。

デザイナーズマンションは家賃が高い割に収納がありません。

 

 

コンクリート打ちっぱなしは夏暑く、冬寒い

コンクリート打ちっぱなしで寒いデザイナーズマンション

デザイナーズマンションはコンクリート打ちっぱなしで、寒いです。

デザイナーズマンションの壁といえば、なんといってもコンクリート打ちっぱなしの壁です。

「コンクリート打ちっぱなしの壁」=「デザイナーズマンション」

といっても過言ではありません。

コンクリートと熱の関係は、ご存知のように、熱さも冷たさも吸収しやすいのです。夏も冬もエアコンが大活躍します(笑)。

日本では今のところ、コンクリート構造の建物の省エネ性能の基準順守の義務等はありません。(2020年ごろにスタートする方針???)

コストをかけて、壁に断熱材を入れていれば、暑さ寒さも緩和されますが、入っているかどうか入居前に知る由もありません。

デザイナーズマンション(コンクリート打ちっぱなし)は、夏暑く、冬寒いです。

 

むき出しの階段で危ない

階段がむき出しで危ない

デザイナーズマンションは、むき出しの階段が多く、危ないです。

デザイナーズマンションの使命は、「デザイン」です。階段の手すりは極力無いことが、美しいのです。共用階段も、室内の階段、ロフトのはしごなども、むき出しでかっこいいのですが、しかし、危険なのです。

デザイナーズマンションのロフトのはしごは細い

デザイナーズマンションの階段は手すりがシンプルすぎて危険

 

お酒を飲んで、酔っ払った状態で、デザイナーズマンションの内外を歩かないことを強くお勧めします。

デザイナーズマンションは、階段がむき出しで危険です。

 

バストイレが開放的過ぎて恥ずかしい

バストイレが助助で恥ずかしい

デザイナーズマンションは、バストイレが開放的過ぎて、恥ずかしいです。

一人暮らしで、自分しかいないとしても、恥ずかしくて、落ち着かないでしょう。ましてや、友だちを部屋に招待することなど、とても困難を伴います。

付き合い始めの彼女を何とか、部屋に招待できたとします。しかし、この開放的過ぎるバストイレを見るやいなや、顔を赤らめて、あなたの部屋を飛び出してゆくでしょう。

デザイナーズマンションは、バストイレが開放的過ぎて、恥ずかしいのです。

 

まとめ

ということで、デザイナーズマンションは本当に住みにくいということが、ご理解いただけたと思います。

しかしです。

それでも、デザイナーズマンションの怪しい魅力に惹かれてやまない人が、後を絶たないのも事実です。

あなたは、どうですか?

そうですか、ちょっと見て見たい気分なのですね。それでは、自己責任で、デザイナーズマンション物件を見てみてください。

 

 

 

デザイナーズ物件を探す
 

Facebookページ
この記事が気に入ったら、「いいね!」してね♪
最新情報をお届けします。
部屋探しテクニック
シェアする
編集長をフォローする
おいしい賃貸物件の探し方教本
タイトルとURLをコピーしました