木造アパートはうるさい?

鉄筋コンクリートの壁 部屋探しテクニック
スポンサードリンク

木造物件はうるさい?

賃貸物件を探す条件として、木造アパートを避ける人がいますが、それは間違いです。

木造アパートを避ける理由は、「木造のアパートは近隣住人の生活音がうるさいから。マンションの方が防音性のが高いから!」です。

「木造アパートがうるさく、鉄筋コンクリートのマンションが静かである」というのは、繰り返しますが間違いです。

 

鉄筋コンクリートのマンションでもうるさい

鉄筋コンクリート造のマンションでも、隣の住人の生活音がかなり聞こえてうるさいという例は少なくありません。

鉄筋コンクリート造のマンションは主要構造部分は確かに鉄筋コンクリート造かもしれません。しかし、部屋と部屋を仕切る壁、『戸境壁』が、鉄筋コンクリートの壁であるとは限らないのです。むしろ、その方が、珍しいくらいです。

賃貸用のマンションの戸境壁は、2枚の石膏ボードの間にガラスウールなどの吸音材をいれた二重構造になっています。いわゆる下地ボードは石膏ボードだったり、場合によっては、ベニヤ板などですが、いずれにしても、鉄筋コンクリートの壁の防音性を期待すると、はるかにその性能は低いのが現実です。

つまり、「木造だからうるさい、鉄筋コンクリート造だから、静かである」というのは、間違いです。

鉄筋コンクリート造でも、近隣住人の生活音は聞こえるので、うるさいと感じてしまうのです。

 

近隣住人が騒音源

多くの場合は、木造アパートであろうが、鉄筋コンクリート造のマンションであろうが、普通に生活している分には、それほどうるさいということはありません。

しかし、運悪く近隣住人の生活マナーが悪いと騒音の発生源となります。

戸境壁の構造がちゃっちいマンションでも、木造アパートでも、下記のようなことが無ければ、静かなのです。

ある意味、うるさい人が隣にいるという「不運」で、騒音に悩まされるか、そうでないかが決まる部分が大きいのです。

よくある騒音トラブル事例は下記の通りです。

  • 子供を叱りつける親の声
  • 夫婦(男女)の喧嘩・言い争い
  • 子供の騒がしい声
  • ペットの鳴き声
  • 足音
  • 人の話し声(電話等含む)
  • テレビ・音楽の音
  • 洗濯機の音
  • 目覚まし時計のアラーム音
  • 掃除機の音

これらは、発生源の人がちょっと気を付ければ、発生しない、又は、軽減できるものばかりです。

 

近隣住人の生活音が気にならない物件の探し方

近隣住人がマナーがいい人じゃないと、静かな生活は送れないの!?

木造アパートや鉄筋コンクリート造マンションに係らず、なるべく静かに生活できる物件の見つけ方をお教えしましょう!

 

配置図をみよう

配置図とは、その物件の平面図です。

賃貸ポータルサイトでは、その部屋の単体の間取り図は掲載されてます。単体ではなく配置図で、その部屋同士がどう接しているかを調べるのです。

 

収納と収納が接している部屋

静かな間取りの例

例えば、角部屋で隣の部屋に接する面が、収納スペースで、向こうの部屋も反転タイプで、ちょうど収納スペースとして接していたら、1メートル超の分厚い壁(空間)に挟まれるので、ほぼほぼ生活音は伝わってきません!

静かな住環境が実現できます。

 

部屋がのこぎり状に配置されている物件

物件の敷地が、三角形や、台形に近い地型をしている物件は、部屋同士がのこぎり状に、配置されています。この状態なら、生活スペースの居室に接するのが隣室の水回りだったり、収納部分だったりします。つまり、音の発生源の「人間」が、すぐ隣にいないので、生活音が伝わってきにくいのです。

 

具体的な探し方

上記のような部屋を探すことで、木造アパートや鉄筋コンクリートに限らず、騒音に悩ませられることが無い部屋に住むことができるわけですが…。

これ、賃貸ポータルサイトでは、かなり探しにくい方法です。配置図が無いので…。

こういう特殊な物件を探すには、自分の希望条件を伝えて、不動産スタッフに探してもらった物件を送ってもらうチャット不動産が、とても便利です。

 

チャット不動産のうち、人気があるのは「イエプラ」や、「ietty(イエッティ)」です。

簡単に会員登録(もちろん無料)できるので、サクッと登録して、希望条件を伝えておきましょう。

 

リンクバナーはこちら。


 

イエプラのメリット・デメリット、口コミ・評判を徹底解説!
イエプラは来店不要で、しかも深夜24時まで部屋探しの相談ができます。この「チャット不動産」スタイルで、賃貸の部屋探しをするのに「便利だぁ!」と人気がどんどん高まっています。 その証拠に、追随する類似のサービスがいくつかの会社から続々と...

 

 

Facebookページ
この記事が気に入ったら、「いいね!」してね♪
最新情報をお届けします。
部屋探しテクニック
シェアする
編集長をフォローする
おいしい賃貸物件の探し方教本
タイトルとURLをコピーしました